企画

職場と家との往復だけでつまらないあなたに。チャレンジしよう!

この記事を読んで分かる事

チャレンジする勇気が持てる

目標が見つけられる

悶々とした日々の打開策が分かる

 

最近あなたはチャレンジをしましたか?

試験や試合、マラソンやダイエット、

新しい何かを始めるのも良いですよね。

 

ライブを見に行く生活になって毎日楽しい日が続いていました。しかし、心のどこかでこれで良いのか?と感じていました。

理由は2つあります。

1つは震災後、地元の復興に対して何も貢献出来てない事。

2つ目はライブハウスと出会い、ミュージシャンに付いて行った事で自分はとても有意義な生活を送れている事。

自分だけ楽しい思いをしていて良いのか?

自分を変えてくれた方々に対して何も恩返しせずに良いのか?

自分に何か出来ないか?

そう考えるようになりました。

 

そこで私はあるチャレンジを決意しました!

企画決意

私は震災後にたまたま埼玉県にあるきっかけでやってきました。

そのお陰で、一般の人よりも違った世界も見る事が出来ました。私を支えてくれる方々も増えました。

何かやろう!そう思いました。

一番先に思い付いたのは、

大好きなミュージシャンを大好きなライブハウスで自分の好きな人たちに見て貰おう!

という企画を開催する事でした!

人と同じが嫌い

というより、ライブハウスと同じ事を同じ様にやってもライブハウスやミュージシャンにとってあまりメリットがないと思います。やるなら、いつもと違う場所で一味違うミュージシャン達と組み合わせた方がライブハウスやミュージシャンたちにとって刺激になると私は思いました。

見る世界が変わる

目標を持つと見る世界が変わります。上記の様に思った私は企画の為にライブを見に行くようになりました。まずは場所を変えました。毎日の様に行っていたライブハウスからいろんなライブハウスへ行くようになり、自分が呼びたいミュージシャンには何が刺激になるだろう?どんな出会いを私が提供出来るだろう?と考えながら日々を過ごしました。

類は友を呼ぶ

そうした日々を送っていると企画者というものに出会うことになります。ライブハウスが組むブッキングと企画者が組むイベントというのは全く異なる夜を創ります。簡単に説明すると世間体を気にせざるを得ないライブハウス側とある程度自由に組む事が出来る企画者側に分かれます。

夢を語ろう

せっかくお会い出来た企画者なので、どんな風に準備してどのような思いで開催しているか聞いてみました。そして自分も同じ様に企画がしたいこう言う事がしたいと話してみました。そうするとありがたいことに教えてくれたり、応援してくれたりしてくれました。

またライブハウスのスタッフにも話を聞いてみました。同じ様に教えてくれたりもしてくれましたが、意外にも逆にライブハウス側としてはお客さんの立場からイベントを開催して欲しくないと意見もあり賛否両論でした。

出会いがある

日々ずっと考えてるとある日ひらめきがあります。あのミュージシャンとあのミュージシャンには共通する想いがあるでもまだ会った事がない。二人は出会うべきだ。きっと馬が合う。なんて人と巡り合います。またはもう巡り合っていたりもします。そういったひらめきや出会いがあなたが何か決心し行動したとき必ず起きる様になります。私の場合はというと埼玉県のあるライブハウスへ行った時、昼から夜まで続くビックイベントでした。慣れない場所で一人怯えながら全ミュージシャンを聞いていました。その中に一人変わった人がいました。長身でちょんまげ風な髪のセットでTシャツは鮮やかな染め物で(自分で染めたらしい)靴はクロッカス。その人もミュージシャンで最後に歌いました。MCの中で、

就職しても結婚しても子供を産んでも、音楽は出来るよ。辞めることはないじゃないか?俺はステージに立ち続ける事で背中でそれを語りますよ。

 

熱いメッセージと共に熱く優しさのある歌が印象的でした。

私も似た想いがあり共感しました。そしてその人CDを買った事を覚えていました。

そして福島にもそんな想いで長く地元で活動しているミュージシャンがいました。

この二人は絶対出会うべきだ。そう直感しました。

整いました!

東京と埼玉と福島を繋ごう!これは自分にしか出来ない!そしてミュージシャン達同士で馬が合えばまた活動地域も広がる!これを私が今お世話になっている方々に見て貰おう!

チャレンジの開始です。

 

準備段階のお話はまた次回しますね。

まとめ

 

決意することで目標が持てます。

目標が持てたら行動が変わってきます。

行動していると思わぬ出会いとひらめきが必ずあります。

その為にはまず人に自分の考えていることを話してみましょう。

きっと応援してくれる方がいて後押ししてくれます。

 

どうだったでしょうか?私のこのお話があなたの行動する勇気に変わって貰えればなと思っています。Let’s Challenge!!

 

ABOUT ME
揺木 八千
ライブハウスと出会い、 ミュージシャンに勇気を貰い、 たくさんの人と話してく内に、 自分というものを確立していくようになりました。